IPOで重要なのは証券会社選び

IPO投資は、近年の株式投資で最もホットな投資手法だと言えます。新規公開株はそのほとんどが公募価格を超える初値を記録し、新規上場前に手に入れられていればほぼ確実に大きな利益を上げられるのです。しかし、新規上場前に株式を手に入れるのがIPO投資で最も難しい部分なのです。

新しく株式市場に上場する新規公開株は、主幹事証券が中心となって購入する投資家を募集します。現在はIPO銘柄の人気が非常に高いため、証券会社が売ることができる株式数を大きく超える購入申し込みがあり抽選によって購入できる権利が与えられるのです。つまり、応募したとしても確実に入手できるわけではなく、抽選で当選しなければ購入することができないのです。そのため、IPO投資で重要なのは証券会社選びだと言えます。

新規公開株がどの証券会社を主幹事証券とするかは事前には分かりません。しかし、経験豊富で過去に株式の新規公開を成功させている場合には主幹事証券として指名される可能性が高くなります。つまり、そういった証券会社に取引口座を開設しておくことが大切なのです。

IPO投資のための証券会社選びは、IPOの主幹事数や取り扱い数をチェックすることが大切です。

新規公開株は主幹事証券が中心となって購入希望者を募りますが、主幹事証券のみでは全ての株式を捌ききれません。そのため、他の証券会社にも株式を割り当て、販売してもらうのです。主幹事証券の販売数が最も多くなりますが、主幹事証券でなくとも取り扱い証券であれば抽選が行われます。そのため、取引口座を開設している証券会社の主幹事数や取り扱い数が多ければ、それだけ抽選に参加できる機会が増えるのです。

IPO投資の成否は、証券会社選びから始まるのです。