新規公開株(IPO)は当選すればほぼ儲かる

新規公開株のことをIPOと呼びますが、これほどまでにIPOに熱が入りがちの投資家が多い理由としては値動きにあります。上場する場合、最初に公募価格というものが設定されます。その公募価格でその株を買いたい投資家が応募し、当選すればその公募価格で新規公開株を購入することができます。1年間でIPOを行う企業はだいたい100社弱ですが、そのうちの8割程度の会社が公募価格よりを値上がりして新規の取引が行われます。新規公開されてしばらくはご祝儀相場とも言われますが、ここで売ってしまえば労せずして儲かることになり、多くの投資家がIPOに参加しようとするのです。

IPOの流れとしては証券会社が新規公開株の参考価格を決め、機関投資家が聞き取り調査を行い、その結果を基に証券会社が公募価格の仮条件を設定します。この時、この金額からこの金額までというように値段が設定されており、上限の金額で応募することが求められます。仮に公募価格が上限に近いものになると、下限の金額や下限ギリギリで応募してしまうと落選するリスクが高まってしまうためです。そのため、上限での応募が大事になります。また、当選したとしてもその時に買付資金がなければ意味がありませんので、残高に注意しておくようにしましょう。

もちろん、抽選で当選したとしてもそれで儲かるということはありません。例えば、業績が赤字の企業の場合、もしくは公募価格が上限ではない場合、仮に新規公開したとしても公募価格のままで推移することがあるだけでなく、そこから割り込む可能性もあります。とはいえ、公募が始まった段階で調べればある程度の予測は立つため、きっちりその企業のことを調べることが求められます。

IPOでは当選しないと話になりませんが、そもそもその上場する会社の業績や上場したあとの株価はどうなりそうなのかなども調べなければなりません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です