新規公開株(IPO)ってなに?

新規公開株とは、これまで上場していなかった会社が新しく上場する際に発行される株です。

これは何も知名度が全く無い会社だけとは限らず、中にはある程度知名度があり上場していてもおかしくないような会社が上場することがあります。

有名なドリンク会社や地方公共交通機関の会社など、これから上場する可能性が高い会社で知名度の高い会社はいくつもあるのです。

この時、よく使われるのが「IPO」という言葉です。

これはこれから株式上場する会社が新たに投資家に株を所有させるという動きで、投資家たちの間でもかなり注目度が高くなっています。

これは先に所有することで割安に株が持てるということや値動きに関係せず株が持てるというメリット、あるいは大きな企業が上場する際にはこれからの値上がりや値動き、新たな株主優待の設定などが期待できるために行われています。

また、大体の株はIPO時よりも初回取引のほうが新規株が高くなり、取引開始後にはすぐに購入価格以上の値がつきますから、利益も出しやすいというメリットが有るのです。

このような新規公開株に関しては、他にも様々な恩恵があり、投資家たちの間でも人気が高くなっています。

ただし誰でも手に入れられるというものではなく、IPO時には特定の証券会社が購入者を募る形が多いでしょう。

また、その後に株を所有できるかどうか、人気の株式会社の場合は特に抽選制となることも多いのです。

このため、誰でも手に入れられるわけではないがかなりの可能性で利益を生む可能性があるのが新規公開株です。

ちなみに、公開されていない株を未公開株といい、これらを公開前に買いませんか?という誘いは詐欺の可能性が高いので注意が必要です。

個人間でのやり取りや証券会社ではない取引先からのオファーなどの場合は、よく実情や実態を調べる必要があるでしょう。

新規IPOに強い投資顧問をい選ぶには、投資顧問の口コミサイトを利用するのがおすすめです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です