どうやってIPOに申し込みするのか?

株式投資を行うにあたり、個人投資家が最も取組みやすい方法として、IPOが挙げられます。IPOとは未上場の会社が株式市場へ新規上場することです。

株式を市場で取引する前に、あらかじめある程度の一般投資家に株を購入してもらいます。この募集は、幹事になった証券会社ほか数社に募集株式が割り当てられます。これに応募して抽選に当選すれば、応募価格で株を取得することが出来ます。この段階では、決定された価格で一律に購入しますが、その後、株式が公開されますと、普通に売買が可能となります。

それでは、IPOで取得した株が個人投資家におすすめなのは何故かといいますと、これは株式公開直後は値上がりする確率が非常に高いからです。ですから、IPOで取得した株を公開直後に売れば、かなりの確率で利益を出すことが出来るというわけです。公開直後の最初に市場でつく株価を初値といいますが、初値が公募価格を下回ることは非常にまれです。ただし、これは最初だけの現象で、その後、数日で一気に下落して公募価格を下回るということも多々あります。もちろん、人気化して更に上昇していく可能性もあり得るのですが、こればかりははっきりとは分かりません。ですから、IPOに個人投資家が投資するスタンスとしては、新規上場直後に売却してしまうという事が無難です。

さて、IPOに申込みするには、対象の株式の応募枠を割り当てられた証券会社に口座を持っていなくてはいけません。大手証券会社がほとんどかというとそうではなくて、ネット証券でもIPO株を取り扱っているところは数社あります。ただし、証券会社としても少ない割り当てを分け合う形となりますから、この証券会社なら必ずIPO株を扱っているというところはありません。それぞれのIPOによって取り扱う会社が違いますので、その都度チェックすることが必要です。

期待されるLINEのIPO

今から2年前からLINEの上場は噂されていましたが、いよいよ今年の7月15日にIPOをすることになります。

LINEはスマートフォンを使っている人にとっては欠かせない企業となってきているため、多くの個人投資家の注目を集めそうです。しかし、2年前ほどの成長性がLINEになくなっていることから、大きなフィーバーにはならないとの観測も出ています。

LINEの仮のIPO価格は、6月28日に決まることになっています。しかし、世界の株式市場ではイギリスのEU離脱の決定を受けてショック安となるところが多く、相場は不安定化しています。そうした相場環境から、LINEのIPO価格は予想されているほどは高くならない可能性があります。

しかし、IPO価格が低く設定された方が、いざ上場をした時には株価が上昇傾向になっていくので良いとの見方も出ています。したがって、仮のIPOが低く設定されるようであれば、LINEへの株式投資を考えてみるのも一つの手をなります。

LINEは従来は無料通話アプリを利用したスタンプが、主な収益源となっていました。しかし、近年ではスマートフォンのソーシャルゲームやネット通販など、事業領域を広げてきています。また、現在は日本市場が主な舞台となっていますが、今後は世界市場で活躍していくことを目指しています。

日本で成功したビジネスモデルを海外でも普及されることができれば、LINEはさらに業績を伸ばしていく可能性が高まります。したがって、IPOの抽選に当選をしたら、そのまま売らずに長期保有することも手となってきます。

さらに7月15日のIPO前には関連銘柄が上昇して市場が活性化する可能性もあります。そのため、個人投資家にとっては期待のIPOとして待ち望まれるところです。

こうした新規IPOに関しては、元投資顧問会社の社長さんが書いているブログなども参考になるでしょう。

IPOで大化けした銘柄その2 ジグソー

株式投資で利益を大きく上げるには、株価が大幅にアップすることが条件となります。かつて、日本景気は順調な時代もあり、株価が何倍にも膨れ上がることは容易にありました。しかし近年では、長引くデフレなどで、企業の業績も伸び悩み、以前のような株式にも活気がなくなってきています。

ですが、現在でも大化けする銘柄が存在するのも事実です。

つまり、株式投資で大きな利ザヤを稼ぎたい場合には、こうした大化けする可能性のある株を見つけることが重要なのです。

そこで実際に、最近の大化け銘柄について考えていきます。

2015年に大化けした銘柄と言えば、ジグソーです。IoTビッグデータをベースとした、インターネットシステムの自動マネジメントサービス事業を手掛ける企業であり、今最も注目を集めているビジネスとなっています。ジグソーは、2015年にIPOと呼ばれる新規公開株で上場されました。

IPOは、通常の株式投資とは異なり、抽選によって新規公開株の購入権が得られます。

そのため、人気の銘柄は価格が高騰しやすい傾向にあり、多くの株が大化けしやしとされています。

特に、現在でも話題のビッグデータ関連であったため、注目度は大変高いものでした。公募価格は、2390円であり、初値は8040円にも膨れ上がりました。

その後も順調に株価を押し上げ、現在では2万円を超すほどの、大注目の銘柄として君臨しています。

新規公開株で利益を上げることは、通常の株式投資よりも可能性が高く、その上、リスクも少ないというメリットを持っているため、初心者でも始めやすいという性質を備えています。今後もジグソーに似た株式の上場も期待され、益々多くの人にIPOは注目されていくと考えられています。

IPOに関する最新情報は投資顧問から随時取得するようにすると漏れが無くなるでしょう。

投資顧問とは?

IPOで大化けした銘柄その1 テラスカイ

投資対象となる金融商品には、様々なタイプのものが存在してます。

中でも、株価の上昇確率が高く、公募価格割れする可能性が低いことから、投資初心者からも高い支持を得ているのがIPOと呼ばれる新規公開株です。

通常の株式投資と同様、証券会社に口座を開設することで始めることができます。

一般的な株式投資とは異なる点は、誰でも購入できる権利を得られるわけではない点です。IPOに関しては、販売させる株式数に限りがあります。

そのため、事前に設定されたブックビルディングに参加することが必要とされます。その後、抽選が行われ、購入できる人が決定されていきます。

このように、通常の株式とは少し異なる性質を持つIPOですが、中には大化けする銘柄も沢山出てくるのが特徴です。

実際に、2015年に上場されたテラスカイについて紹介していきます。

テラスカイは、他の新規公開株よりも大きく利益を伸ばしました。その理由は、クラウドシステムの導入支援や、開発事業を手掛けているためです。

また、IPOに関してはマザーズへの上場は高評価につながり、多くの投資家から注目を集めたことも事実です。その他、売り出し株がなく、公募株しかないため、数が少ないことも人気が沸騰しやすい条件が揃っていたと言えます。

以上のことから分かるように、IPOには大化けしやし株が多く、注目するに値する銘柄が揃っている市場だと言えます。

さらに、上場される株式数が少ないことや、吸収金額の小さいことや、マザーズ関連などもその後の株価に大きく影響していきます。

これらのことを踏まえて新規公開株を見ていくと、今後されに大化けする可能性のある企業を早い段階で見つけることができるようになります。

もう一つの手は、こうした新規IPO銘柄に関し、公開後の熱が冷めたところの安値を拾う方法。こうした方法はユーザーからの評判・評価の高い投資顧問を調べ、情報を入手するのがベストかと思います。

IPOで重要なのは証券会社選び

IPO投資は、近年の株式投資で最もホットな投資手法だと言えます。新規公開株はそのほとんどが公募価格を超える初値を記録し、新規上場前に手に入れられていればほぼ確実に大きな利益を上げられるのです。しかし、新規上場前に株式を手に入れるのがIPO投資で最も難しい部分なのです。

新しく株式市場に上場する新規公開株は、主幹事証券が中心となって購入する投資家を募集します。現在はIPO銘柄の人気が非常に高いため、証券会社が売ることができる株式数を大きく超える購入申し込みがあり抽選によって購入できる権利が与えられるのです。つまり、応募したとしても確実に入手できるわけではなく、抽選で当選しなければ購入することができないのです。そのため、IPO投資で重要なのは証券会社選びだと言えます。

新規公開株がどの証券会社を主幹事証券とするかは事前には分かりません。しかし、経験豊富で過去に株式の新規公開を成功させている場合には主幹事証券として指名される可能性が高くなります。つまり、そういった証券会社に取引口座を開設しておくことが大切なのです。

IPO投資のための証券会社選びは、IPOの主幹事数や取り扱い数をチェックすることが大切です。

新規公開株は主幹事証券が中心となって購入希望者を募りますが、主幹事証券のみでは全ての株式を捌ききれません。そのため、他の証券会社にも株式を割り当て、販売してもらうのです。主幹事証券の販売数が最も多くなりますが、主幹事証券でなくとも取り扱い証券であれば抽選が行われます。そのため、取引口座を開設している証券会社の主幹事数や取り扱い数が多ければ、それだけ抽選に参加できる機会が増えるのです。

IPO投資の成否は、証券会社選びから始まるのです。

新規公開株(IPO)ってなに?

新規公開株とは、これまで上場していなかった会社が新しく上場する際に発行される株です。

これは何も知名度が全く無い会社だけとは限らず、中にはある程度知名度があり上場していてもおかしくないような会社が上場することがあります。

有名なドリンク会社や地方公共交通機関の会社など、これから上場する可能性が高い会社で知名度の高い会社はいくつもあるのです。

この時、よく使われるのが「IPO」という言葉です。

これはこれから株式上場する会社が新たに投資家に株を所有させるという動きで、投資家たちの間でもかなり注目度が高くなっています。

これは先に所有することで割安に株が持てるということや値動きに関係せず株が持てるというメリット、あるいは大きな企業が上場する際にはこれからの値上がりや値動き、新たな株主優待の設定などが期待できるために行われています。

また、大体の株はIPO時よりも初回取引のほうが新規株が高くなり、取引開始後にはすぐに購入価格以上の値がつきますから、利益も出しやすいというメリットが有るのです。

このような新規公開株に関しては、他にも様々な恩恵があり、投資家たちの間でも人気が高くなっています。

ただし誰でも手に入れられるというものではなく、IPO時には特定の証券会社が購入者を募る形が多いでしょう。

また、その後に株を所有できるかどうか、人気の株式会社の場合は特に抽選制となることも多いのです。

このため、誰でも手に入れられるわけではないがかなりの可能性で利益を生む可能性があるのが新規公開株です。

ちなみに、公開されていない株を未公開株といい、これらを公開前に買いませんか?という誘いは詐欺の可能性が高いので注意が必要です。

個人間でのやり取りや証券会社ではない取引先からのオファーなどの場合は、よく実情や実態を調べる必要があるでしょう。

新規IPOに強い投資顧問をい選ぶには、投資顧問の口コミサイトを利用するのがおすすめです。

新規公開株(IPO)は当選すればほぼ儲かる

新規公開株のことをIPOと呼びますが、これほどまでにIPOに熱が入りがちの投資家が多い理由としては値動きにあります。上場する場合、最初に公募価格というものが設定されます。その公募価格でその株を買いたい投資家が応募し、当選すればその公募価格で新規公開株を購入することができます。1年間でIPOを行う企業はだいたい100社弱ですが、そのうちの8割程度の会社が公募価格よりを値上がりして新規の取引が行われます。新規公開されてしばらくはご祝儀相場とも言われますが、ここで売ってしまえば労せずして儲かることになり、多くの投資家がIPOに参加しようとするのです。

IPOの流れとしては証券会社が新規公開株の参考価格を決め、機関投資家が聞き取り調査を行い、その結果を基に証券会社が公募価格の仮条件を設定します。この時、この金額からこの金額までというように値段が設定されており、上限の金額で応募することが求められます。仮に公募価格が上限に近いものになると、下限の金額や下限ギリギリで応募してしまうと落選するリスクが高まってしまうためです。そのため、上限での応募が大事になります。また、当選したとしてもその時に買付資金がなければ意味がありませんので、残高に注意しておくようにしましょう。

もちろん、抽選で当選したとしてもそれで儲かるということはありません。例えば、業績が赤字の企業の場合、もしくは公募価格が上限ではない場合、仮に新規公開したとしても公募価格のままで推移することがあるだけでなく、そこから割り込む可能性もあります。とはいえ、公募が始まった段階で調べればある程度の予測は立つため、きっちりその企業のことを調べることが求められます。

IPOでは当選しないと話になりませんが、そもそもその上場する会社の業績や上場したあとの株価はどうなりそうなのかなども調べなければなりません。